読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しまむらの日常

みなさんが知りたくてしょうがないしまむらの日常が明らかに(適当)

極限の戦い

 

こんにちは

 

 今日はバイト中便意と尿意に襲われました。

 

私は家以外のトイレを使うのは極力避けているので、バイト中ずっと我慢してました。便意と尿意を。

 

いやぁ〜やばかったですね

 

どちらか片方を我慢するというのはよくありますが、両方というのははじめてでした、やばいです。

 

両方同時に漏れてしまったらそれはもう悲惨でしょう。

 

何回もトイレに行こうと思いました。実際に、パートさんに「トイレに行ってきます」と言ってトイレの前まで行ったのです。

 

しかし私は思いました。

 

 

「ここで諦めてもいいのか?」

 

と。

 

私は幼少期からなんでもすぐに投げ出して諦めていました。

 

ピアノは1年……水泳も1年……塾は5年……

 

全て中途半端なところで、しかもくだらない理由でやめてしまっていました……

 

自分に負けてばかりの人生です……

 

そこで!そんな社会の底辺のゴミクズのような自分に勝つべく!

 

尿意と便意に勝とう!!!!

 

と思ったのです!

 

 

そして見事達成しました

 

便意6時間、尿意2時間

 

帰宅するまで漏らさず我慢することができました!!!!

自分に勝ったのです!!!!

 

 

バイト中は常に焦燥感に駆られていて、ミスの連発。挙句にはレジのお金を盛大に落としてしまいました。見つからなかった分は自腹を切りました。

 

 

そしてやっとバイトが終わってダッシュで帰ろうとしたとき、走った衝撃で両方の穴からハイドロポンプが出そうになりました。

 

早く帰りたいのに走れない……でも走らないと間に合わないかもしれない……

 

自宅からバイト先まで徒歩3分程ですがそれはもう地獄のようでした。

 

 

しかし、この全てを耐え抜いたのです。

 

帰宅するなりトイレに駆け込みました。

途中祖母に話しかけられました。

無視はできないので少し話しました。

が、すぐ終わらせてトイレへ。

 

 

ついに待ちわびた瞬間です!!!!

 

まずは尿。ハイドロポンプのように流れていき、便は今か今かとスタート地点でクラウチングスタートの体制をとっています。

そして便!まるでマッドショットのように出ていきました。

 

この瞬間の爽快感。

 

それはもうすごかったです。

 

 

こんなに気持ちの良い排尿、排便ははじめてでした。

 

苦しんだ先の栄光。

 

努力は人を裏切らないのです。

 

私はひとつ成長できたきがしました。

 

 

過去の自分に自己嫌悪している皆さん。

今の自分を変えたいと思っている皆さん。

 

ぜひ、極限状態を味わってみてはどうでしょうか。

 

私は次からはすぐにトイレへいきます。

我慢は体に悪いですからね。

 

それではまた。